古民家でやっておくべき寒さ対策リフォームとは?

古民家で快適に暮らしたいと考えているなら、寒さ対策のリフォームが大切ですよ。

古民家は木造で隙間風が入り込みやすいため、専用のテープで隙間を埋めておきましょう。

窓枠の部分にも木製の素材が使われているので、古民家ならではの木枠の窓をそのまま残しておくのがオススメですが、寒さ対策のリフォームとして断熱シートを活用したり、内窓を取り付けたり、断熱性能の高いサッシに交換すると良いでしょう。

天井や壁、床に断熱材を入れるリフォームを行って寒さ対策をしましょう。

リフォーム以外だと窓に遮熱性のカーテンを取り付けたり、床にはカーペットを設置したり、ヒーターなどの暖房器具を設置する方法もあるでしょう。

古民家の風合いを残したまま、寒さをしのぐためのリフォームを実践しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る