リフォーム詐欺に注意しよう、悪徳業者を見分ける方法がある?

リフォームはとにかく安くやってもらいたいと考えるかもしれませんが、リフォーム業者の中には悪徳な業者が存在していますし、リフォーム詐欺という手口もあるため注意が必要ですよ。

例えば、本来はあまり問題はないのに大げさな事を言って不安を煽ったり、無意味な耐震工事を行ったり、リフォームの保険金や補助金について嘘をついたりする手口があるのだそうです。

アポなしで訪問して、勝手に無料で診断や点検を始めたり、訪問したその日に見積もりを出したり値下げをしたり、すぐに工事に取り掛かろうとした場合には悪徳業者である可能性が考えられるそうです。

リフォーム詐欺の対策として、訪問業者を無視したり、業者の住所を確認したり、無料や割引を謳っている業者には特に注意が必要ですし、リフォームの見積もりは複数の業者を比べると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る