建物は新築してスグの時にはキレイな状態となっていますが、徐々に劣化が進んでいき、塗装がはがれてしまいます。素材の表面に紫外線や有害ガスなどがあたり、塗装の表面がはがれたり、表面がチョーキングを起こしてしまいます。

塗り替え時期のタイミングとしては劣化の補修が原過ぎるとかける費用がかさんでしまい、遅すぎると素材が傷んでしまい補修が必要になってきます。
素材や表面状態や塗膜によって結果は変わってきまが早く作ったものは早く傷んでいき、時間をかけて丁寧に作り上げたものは緩やかに傷んでいくといわれています。今後は丁寧な素材作りや塗装が注目を集めていくと思います。

会社名:株式会社 渡辺塗装
住所:〒612-0029 京都市伏見区深草西浦町一丁目50

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る