塗料のグレードによって耐久年数の差、価格も変わってきますので、予算に沿った塗料や工法をえらぶのが望ましいです。建物の傷み具合は築年数や下地素材によって変わり、建物の劣化状態を判断し、塗料の選定、塗装工法も合わせて判断することが重要です。

住宅の外壁財はサイディング材の場合は目地、サッシ廻りのシーリングも外壁の塗膜と同時に劣化してしまいますので、打ち直す必要があります。モルタル、ALC板の場合は劣化が進むと、壁のひび割れや破損等進行しますので、下地補修工事が必要になってきます。
傷んだ箇所は徹底的に直し、建物を一段と強化し耐久面のアップにつながります。

会社名:山南塗装工業株式会社
住所:京都府長岡京市神足麦生3-8

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る